愛知県武道館にて開催されました、中部オープンに、安田さんとモトシくんが出場しました。
安田さんは、マスター5青帯フェザー級、ワンマッチを制し勝利、優勝おめでとうございます!
オープンクラスは一人エントリーで優勝。


おめでとうございます!

モトシくんは、アダルト白帯ライトフェザー級、三つ巴戦。デビュー戦です。
1回戦は同点のアドバンテージで勝利、デビュー戦勝利、おめでとうございます!
続く決勝戦はポイントにて、敗退。準優勝でした。


安田さん、モトシくん、お疲れ様でした!
セコンドの小山インストラクター、ありがとうございました。

柔術の試合はほぼ毎週のペースで、全国のどこかで行われています。
国内の試合ですと、JBJJF(日本ブラジリアン柔術連盟)、またはDUMAUのサイトで主な試合の案内を見ることができます。
試合への出場を強制することはありませんが、出たい!という方はぜひご相談くださいね。普段の練習ではあまり味わうことのない緊張やプレッシャー、負けた時の悔しさや勝った時の喜び、いろいろと経験することができます。
ブラジリアン柔術の試合は、帯や体重はもちろんですが年齢カテゴリーも細かく分けられていますので、自分と同じくらいの相手と対戦することになります。

勝てば嬉しい、負けても、課題が見つかれば次へ繋げることができると思います。