4月2日の日曜日、愛知県武道館にて「2017柔術新聞杯」が開催されました。
福住柔術からは3名が参戦しました。
試合結果は以下の通りです。

馬場さん、マスター1青帯ライトフェザー級、1回戦勝利、2回戦敗退。
カズキくん、マスター1紫帯フェザー級、1回戦敗退。
しゅうせいさん、アダルト黒帯ウルトラヘビー級、1回戦勝利、決勝敗退、準優勝。

馬場さん マスター1青帯オープンクラス 1回戦敗退。
しゅうせいさん アダルト黒帯オープンクラス 1回戦不戦勝、2回戦一本勝ち、3回戦絞めで一本負け。

妻文香が撮影した動画をYOUTUBE福住柔術チャンネルにアップしましたが、ブレや声援、子供の声が入りまくりです。撮り手は冷静に撮影を遂行してほしいのですが・・・でも、仲間が熱い試合をしている時になかなか冷静にはなれないですよね。わたしもいつも、試合後は声ががらがらになります。
試合中の仲間の声援やセコンドの声は、試合している選手にとってとても心強いものです。
試合当日は、たくさんの方が応援に駆けつけてくださいました。ありがとうございました!

次の試合は、第1回中部キッズ選手権に子供クラスの3名が出場します。
また、5月7日のドゥマウインターナショナル2017にも何名か出場予定です。
みんなで出ましょう!


(子供の声など、音量注意です)
今回、しゅうせいさんは関根秀樹選手と試合するため、年齢カテゴリーをアダルトで、階級をウルトラヘビーに上げてのチャレンジでした。
柔術の試合は、帯色はもちろん体重や年齢カテゴリーが細かく分かれています。
今回のしゅうせいさんのように、30歳以上の方がマスターでなくアダルト(29歳以下)のカテゴリーに挑戦することもできます。(その逆は不可です)

FULL FORCEさんのYOUTUBEにも動画を上げていただきました。
16:07~しゅうせいさん1回戦(vs中村祐次郎選手)
26:24~しゅうせいさん決勝戦(vs関根秀樹選手)