キモノ(道着・ギ)の洗濯について

ブラジリアン柔術は、道着(キモノ・ギなど呼び方はいろいろですが)を着て行います。
キモノの種類・素材等いろいろあり、それについてはまた別でかきたいと思いますが、今回は洗濯について。

洗濯の仕方については絶対ではありませんので参考程度に見てもらえれば幸いです。

まず、洗剤は粉末洗剤より液体洗剤をおすすめします。夏場は粉末洗剤でも問題はありませんが、冬場の水が冷たい季節は、粉末が溶けにくくキモノにこびりついたりします。
それが原因で生地を傷めたりカビが生える原因となりますので、粉末洗剤は適量で洗濯しましょう。

また、キモノは特に洗濯・乾燥するとゴワゴワしてしまうので、柔軟剤は使った方が良いと思います。
しかし、あまり匂いのキツいものは避けた方が良いかもしれません。ブラジリアン柔術は相手と密着する競技なので、頭が痛くなるような強い香りのものは避けた方がいいです。自分のためにも相手のためにも。

あと、白いキモノは特に襟(ラペラ)の黄ばみがどうしても出てきます。漂白剤は適量を黄ばみの気になる部分だけの使用にとどめておきましょう。パッチなどのプリントは特にはがれやすいので注意が必要です。

基本的に、洗濯機でガンガン洗っても問題ないと思いますが、一度にたくさん洗うとやはり傷みが早い気がします。長く着るのであれば手洗い(かなり大変ですが)もしくは少ない枚数で優しく洗えばなお良いでしょう。
白いキモノは色移りしますので、色柄モノとはわけて洗いましょう。

干し方については、直射日光は縮みや色焼けなど傷みの原因になるので、陰干しで。しわをしっかりのばしましょう。ハンガーは、小さいプラスチックのものは、折れます。ハンガーが。
濡れたキモノはとても重いです。ですので、おすすめはダイソーなど100均でも買える針金のバスタオル用ハンガーです。

乾燥機の使用はおすすめしません。傷みや縮みの原因となります。以前、道場の仲間がついうっかり乾燥機を使用してしまい、キモノのなぜか襟部分だけ急激に縮みギャザーが寄ってしまい大惨事に。
夏場は屋外の陰干しで充分乾きますが、冬場や梅雨時期はなかなか乾きませんので2~3着キモノがあれば安心ですね。
うちの道場では、どうしても乾かない・洗濯が追いつかないという会員さんのためにキモノレンタル(1着1000円)もあります。
また、道着キーピングもできます。道着キーピングとは、月額10,000円で練習後の道着をお預かりし、洗濯をして専用ケースに保管します。手ぶらで練習に来て手ぶらで帰れるので、楽ちんですよ。月に何回来ていただいてもかまいませんので、かなりの頻度で練習にみえるかたにはおすすめです。

けして安くはない柔術着ですので、長く大事に使いたいものです。
常に清潔なキモノで、相手に不快な思いもさせることなく柔術を楽しみましょう!