ブラジリアン柔術を始めたいけど・始めたけれど怪我が心配・・という方も少なくないと思います。
会社勤めをされている方は特に、日常生活に支障が出るような怪我は絶対に避けたい、と思いますよね。

ブラジリアン柔術は、他の格闘技に比べて怪我が少ないとはいえ、やはり格闘技なので絶対にないとは言えません。 誰でも一度や二度は怪我を経験すると思います。小さい怪我(突き指や擦り傷、打ち身や打撲・バッティングによる口内炎など)は誰にでも必ず起こりうると思います。
ですが、骨を折ったり、絞められて落ちたり(失神)はほとんどありません。タップ(参った)をすれば相手は必ず技を解いてくれるからです。
よほどのアクシデント(投げられたときに手をついてしまい骨折する、相手がタップに気付かず、または自分のタップが遅れて絞め落とされる)がない限りは、大きな怪我をすることはほとんどないと思います。

立ち技や受け身に自信のない方は、スパーリング前に相手に伝えておくと良いと思います。「まだ、投げ技があまりできません。座った状態からのスタートでお願いします。」と伝えておくと安心です。
また、どこか怪我をして痛めている場合も、事前に相手に話しておきましょう。ブラジリアン柔術はジェントルな格闘技ですので、道場内では相手のウィークポイントをわざと攻撃するようなことはありません。

とはいえ、怪我をしている時は無理にスパーリングをしても良いことはありません。まずは怪我の回復を待った方が良いでしょう。

怪我をすることもさせることも、少しの心がけで防げるものです。お互いがお互いを尊重し会話をするようにスパーリングをすれば、怪我なく楽しんでいただけると思います。