2007年、道場立ち上げ当時のわたし、福住慎祐)当時36歳。

よく、お問い合わせの際に聞かれることが多いのが、
『年だけど、大丈夫でしょうか?』ということです。
もちろん、『ぜんぜん大丈夫ですよ!』と答えます。
そして、こういった質問をされる方は30代後半~40代の方が多いように思います。

もちろん、若いに越したことはないのでしょうが、柔術を始めたいな、と思った『今』が一番若いので、少しでも柔術に興味を持った方は迷わず近くのブラジリアン柔術道場に見学・体験することをおすすめします。

ブラジリアン柔術の競技における平均年齢は、高いと思います。
実際、福住柔術のメンバー(子供クラス小学生メンバーは除いて)の平均年齢は2017年3月現在で、37歳です。
代表であるわたし、福住は今年47歳になりますし、ヘッドインストラクターの小山は37歳です。
しかし、年齢はただの数字に過ぎません。

ブラジリアン柔術の試合では、年齢カテゴリーが細分化されていて、5歳刻みで分かれています。


(第一回全日本マスター柔術オープントーナメントに出場しました。)

アダルト(29歳以下)の黒帯は試合時間10分ですが、マスター以上は全帯5分です。
年齢が心配な方でも、きっと大丈夫です。

何かを始めるのに、早いも遅いもありません。
始めたい時が、始めどき!とわたしはいつも思っています。

暖かくなってきて、何かスポーツを始めたいかた、新しいことをやってみたいかた、
ブラジリアン柔術、おすすめですよ!