9月の8~10日、東京武道館にて開催されましたアジア選手権(ASIAN IBJJF JIU-JITSU CHAMPIONSHIP 2017)に、わたし福住が参戦しました。

黒帯マスター4(46歳~50歳)のライト級(~76kg)にエントリーし、3人トーナメント三つ巴戦で2勝し、優勝することができました。
応援してくださった皆様、対戦してくださったお二人、大会関係者の皆様、ありがとうございました。
公式結果

 

東京まで応援に駆けつけてくれた仲間もいました。声援やビデオ撮影など、とても頼もしくとても心強く、本当に力になりました。
また、兄弟道場の仲間もセコンドをしてくれ、とても頼もしかったです。
そして、スポンサーである、なかがわ在宅クリニック様も、いつも本当にありがとうございます。
3日間道場を留守にしましたが、スタッフだけでなくメンバーのみんながサポートをしてくれて、あらためてわたしは周りの仲間に恵まれているな、と思いました。
皆さん、本当にありがとうございました。
試合に出てマットに立ち闘うのはわたし一人ですが、その後ろにはたくさんの大切な仲間がいてくれます。本当に頼もしいし、力強いです。
今回獲った金メダルは、わたしの力だけでは獲ることはできない、みなさんのおかげで獲ることができたと思っています。

 

さて余談ですが、2006年から開催されているアジア選手権、わたしは今のところ皆勤賞です。毎年(最初は2年ごとの開催でしたが)出続けています。
年々参加者は増え続けていて、今年はなんと1500人超だったとか。柔術人口が増えている証拠ですね。
もちろん、来年も挑戦したいと思います。


2006年、2008年、2010年、2012年、2013年、2014年、(2015年だけ、メダルに届きませんでした(泣)2016年、2017年

遠征は、移動や準備など大変ですが、愛知県内で行う大会とはまた違った雰囲気、対戦相手、環境です。
アジア選手権ともなると、世界中から参加者が集まります。今回決勝戦で戦った相手は、グアムの選手でした。
来年はぜひ、道場のみんなと一緒に挑戦したいなと思います。
試合後の打ち上げもまた、いつもと違う場所でいろんな道場の人と交流ができるのでとても楽しいですよ。